鍼灸院に行ってきた!パート①

身体のこと

こんにちは。

この間、人生で初めての鍼灸院に行ってきました!

そのときのことをブログに綴ろうと思います。

スポンサーリンク

鍼灸に興味を持ったきっかけ

私が鍼灸をやってみようと思ったきっかけは、背中のギックリや長年のむちうちに悩まされていたからです。むちうちは10年以上の付き合いになるし、これらが改善したらいいよなと思って。

昔、会社の同僚が同じく事故でむちうちになり鍼治療してるって聞いていたのもあります。でも、鍼してるときはいいけどやめたらまた元通り、っていうのも言っていました。保険がきかないので1回の施術料金が高いため、継続して行けないからだと思います。

特に、事故の後の治療に鍼をする場合は毎日とか週に3回とか高頻度で行く必要がありますよね。毎回5千円とか出してたら破産します。なので、事故の場合はまずは整形外科に行って診断書もらってそれから鍼灸院にも通いたいと申請して手続きをしたら、どうやら保険がきいて1回数百円でできるらしいです。

私はその当時何も知らなかったので、整形外科のリハビリにしか通っていませんでした。

でも、同僚のけっこういいよという声は覚えていたのでここ最近あちこち痛むしついに行ってみようか~と鍼灸院の門を叩いたわけです。

スポンサードリンク

鍼灸院選び

鍼灸院に行くぞ!って決めたはいいけど、一体どこがいいのかさっぱりわかりませんでした。やっぱり行くならそれなりに上手でイイ先生のところに行きたい。そして、できたら女性の先生がいい、と考えました。

なので、ネットで調べたり友達に聞いたりしました。一人の友達が自分は行ったことないけどいいらしいよ、という接骨院で鍼をしているところを教えてくれました。早速調べてみたところ結構遠くて車で1時間近くかかることや、やっぱり男性の先生らしいことなど通うにはちょっと遠すぎるな~ということで辞めておきました。

そして、どちらかというと鍼灸専門でされているところがいいな~と考えていました。昔のブログにも書いたのですが、接骨院だと絶対身体を触って矯正したりされるんです。それがどうしても今は嫌で。

スポンサードリンク

接骨院や整体は怖いです

だいたい強い力で矯正してくるので、経験上そういう施術は私には合わないと感じています。家の近くの接骨院も見立てはいい先生なのですが、どうしても首や色んな所をすごい力で矯正してくるので、通ううちに強い痛みが出て治らなくて辞めちゃいました。

整体で強い矯正を全身にされて腰痛になってしまったこともあるので、基本身体をいじくりまわされるのが怖くて。

新しい接骨院に行ったらまたどういう施術方法をしてくるか?とか全くわからないし、ある意味矯正恐怖症的な面もあるので、接骨院や整体院でされている鍼はやめとこうと思ったのもあります。

あとは、実際に本人が鍼灸治療を受けたことがある話や実際に通っていて紹介してくれるのが理想でした。それだと安心感が全然違うのと、具体的な詳しい話を聞けるんですが、友人達は誰も受けた事がなかったようです。基本、私の友人達めっちゃ健康なのです。うらやましい限りです。

そんなこんなで、ネットの口コミやホームページ、先生の雰囲気や施術の方針、通いやすさなど考慮してとあるところに決めました。

スポンサードリンク

鍼灸院探しでモヤモヤしたこと

ここだけの話、ある友人が周りの人に(誰かは知らない)聞いてくれたみたいなんですが「ネット見たら載ってるやろ」と言われたらしいです。この意見、わかってないな~と思いました。確かに、ネットには県内の鍼灸院や鍼治療している接骨院など載っています。

ですが、知り合いや家族が実際に通っているところに紹介で行くのと、何も情報が無い状態のところに初めて行くのとでは全く状況が違うのに…と。

病院もそうだし、まして身体に直接触れる場合は特に慎重になるのが当たり前だと思います。きっとこれを言った方は病院探し、治療院探しを本気でしたことないな、と感じた次第です。

私は怪我や持病が複数ある結果、病院探しをする機会が強制的にちょこちょこあったためか、こういう意見を言われたことにショックを受けました。

でも、「いちいち人に聞いてないで自分で探したら?」という意見もわかります。なので、私がその子に聞いたのが気に入らなかったのかな~?とも感じました。なんか、、、難しいですね。

って、あれ?愚痴みたいになってしまいましたね。

すみません、長くなってきたので鍼灸した感想などは次のブログに書こうと思います。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

↓ランキング参加中です。

応援クリックしていただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ