眞子様と小室圭さん

日々思うこと

小室圭さんが、今のお気持ちを文章にして発表?されましたね。

現在、アメリカに留学していてアメリカの弁護士資格取得を目指して勉強中ですよね。

眞子様とは大学時代に出会ってすぐ交際になったそうですが、お二人ももう29歳とのこと。知らない間に眞子様も適齢期になっていたんですね。

ていうか、そろそろ眞子様も結婚しないと適齢期が過ぎてしまう…。

皇室の方は幼い頃から特別な環境で育つから、結婚相手もそれなりの人をうまく見立ててもらってすんなり結婚されていくのかと思っていたのですが、小室圭さんとの出会い方から交際までをチラッとみた感じでは自由恋愛というやつのようですね。

眞子様と小室圭さんとが婚約発表会見を開いたときには、とても良い方とめぐり会えたのだなと思って素直に喜ばしかったのですが、今は全く異なる様相となりましたね。

スポンサーリンク

疑問に思う事

小室圭さんについて一つ疑問なんですが、今アメリカ留学してその費用も日本で勤めていた法律事務所に出してもらっていて多分、SPもつけているようなのですがそこまでして取得する予定の弁護士資格が、アメリカの州でしか使えない資格のようなんですがこれは一体どういうことなのでしょうか?

アメリカは州ごとに弁護士資格が必要とのことで、小室圭さんがもしこの先どこかの州の弁護士資格を取得しても、日本に帰国してその資格を生かして弁護士として活動できないですよね。

これって、眞子様と結婚すると考えた場合、せっかく費用もかけて時間もかけて取った資格を日本で生かせないとなると、お仕事はこの先どうするんだろう?と不思議なんです。

アメリカの弁護士資格を生かせる活動が何か日本でもあるのだろうか?日本の司法試験も受けるとか?でもそれならアメリカに行く必要もあまり無かったし。

眞子様と結婚となると絶対お仕事していかなきゃいけないだろうし、この先一体どうするんだろう?と思ってしまいます。そろそろ取得して日本に帰国されるのでしょうか。それか結婚したら二人でアメリカに住むとか?

スポンサードリンク

反対を押し切って結婚?

それにしても、眞子様と小室圭さんとのことは反対意見が多数のようで眞子様は秋篠宮様や紀子様とも揉めている様子。そして、眞子様は今も小室圭さんとの結婚を諦めていない、小室圭さんも諦めていない。こうなったら、反対多数を押し切ってしまうか結婚を諦めるかしか道は無いですよね。

私も結婚を反対されたことがあるので、眞子様のお気持ちもわかる気がするのですが、でも私はごくごく一般人で眞子様は皇室の方。育ちから学びから全く違うはずなのに、やっぱり小室圭さんのことを諦められないものなのでしょうか?

好きという気持ちよりも意固地になってしまった気持ちは無いのでしょうか?

私が皇室の方にどうこう言う権利も資格も無いのですが似た境遇になったことがあるので、少しは眞子様の気持ちがわかるような気が…。

きっと周りの反対意見より好きが勝っているのだろうと思いますが、そこまで眞子様のお気持ちを掴んだ小室圭さんてスゴイなと思います。

スポンサードリンク

「そこまで言って委員会」結構面白いよ

そうそう、この話題について時々テレビに出ている政治評論家の竹田恒泰さんのYoutubeを見たら、めちゃくちゃ厳しいこと言われていました。

竹田さん、「そこまで言って委員会」によく出ていて面白いので結構好きなのですが、お二人の結婚については前から辛口で特に小室さんについては激辛なんです。あ、「そこまで言って委員会」というのは関西ローカル番組なのですが、評論家や政治家の人が出てきて討論する笑いありのバラエティ番組です。

でも小室圭さんがしっかりとお仕事について、眞子様と二人で生活できる目処が立ってそれをきちんと説明できる日がきたら、今の逆風ももしかしたら変わる可能性だってありますよね。今後も眞子様についてはとても気になります。

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

応援クリックしていただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ