むちうちの後遺症で首が痛いが在宅ワークしている話。

こんにちは。

アラフォーで独身女の私が更にお仕事を増やすとすると何がいいでしょうか?今しているお仕事は在宅ワークですから自分のペースでできてはいるのですが、あまり稼ぎにはなっていません。長時間するとどうしても首が痛くて続かなくなってしまうので、無理のないペースで留めています。

在宅ワークだけで一人暮らしを夢みた瞬間もあったのですが、あまりにも稼げないのですぐに夢ははかなく散りました。

世の中そんなに甘くない、ですね。

でもやっぱり生きて行くにはお金がいるし、結婚してないから旦那さんに頼るわけにもいかない。幸い、今流行の子供部屋おばさんにはなれているのでまだ恵まれているのかも。

今より、更に収入を上げるためには今の仕事をもっと増やすか新しい事を始めるかですね。

スポンサーリンク

工場のお仕事

私的にはやりたいこととしてどこかの工場での仕事をやってみたいんですよね。なぜ工場か、この年齢でも雇ってもらえそうに感じたからです。

それも、もちろん座りの軽作業しかできないとは思うんですが、この年齢になって改めて対人業務が苦手だったり普通の顔しているのにツンとしているみたいに見られるみたいで(多分出っ歯のせい?)接客とか向かないよな~と感じています。笑い顔の人が羨ましい。

でも、工場ってしんどいんですよね。昔工場にいたからわかるんですが8時間みっちり!!!仕事させられる。事務職だったら時々ふと気が緩む時間とかできると思うんですが、工場は作業になるのでそれができない。

おまけに繁忙期は残業続きで年末年始やお盆、GWは休日出勤の嵐。連休もほとんどとれなくて3連休なんて夢のまた夢でした。

でも、しゃべらずもくもく作業できる世界は向いていたとは思います。余談ですが、工場でのエピソードは色々あるのでまたブログに書いていくかもしれません。

スポンサードリンク

外に行くお仕事に戻っていないワケ

私が、外でできる仕事になぜ戻ってないかというと、やっぱり1番の原因は身体です。

潰瘍性大腸炎はどうにか今コントロールできていますが、再燃中はやっぱりお仕事中トイレに頻繁に行ったり休んでしまったりずっと身体がしんどかったり微熱があったりでキツイですよね。それぷらすムチウチの後遺症で重い物が持てない、長時間の下向きの仕事はできない。

もし、面接に行ったときに難病の事を言うべきか、隠しておくべきかも迷うところです。

家の近くのお仕事がコンビニ、スーパー、ファミレス、ドラッグストア、カフェのウェイトレス、100均一ショップ、があります。どれも首が悪いと多分厳しいですね。

首が痛くても無理して行く、というスタイルも考えられますが首が痛いのを我慢して仕事をすると起きているのが困難な程になって何日も寝たままな生活になってしまうので、無理はしないように生きなければなりません。

ここまで首が悪くなる原因はもちろん事故の後遺症なのですが、私ほどしょっちゅうムチウチがぶり返すタイプの人はほとんどいないみたいです。雨の前や季節の変わり目に痛む話はよく聞きますが、むちうちになった知り合いはみんなお仕事に戻られています。

むちうちや腰痛の施術所選びは慎重に

おまけにムチウチが少しでも良くなるなら、と紹介されて車で高速使って1時間かけて行った整体院でボキボキにされてそれ以来、立ち仕事も腰痛が出るようになってしまいました。多分、腰を痛めたんですよねその時。本当、首だけだったのが首と腰になっちゃって、その後それが原因かわかりませんが座骨神経痛も発症。安易に整体なんて行くもんじゃないです。

うちの母も若い頃、無資格の個人整体で腰をやられ、今なら多分損害賠償請求できることをされています。なので、これを読まれた方本当に信頼できる所で施術はしてもらってください。先生との相性や施術方法との相性もあるかと思います。できたら、接骨院や整形外科で国家資格を持っている方が安心できるかなと思います。

(と言いつつ、「十字式健康法」って知ってますか?これがとっても気になっています。力をほとんど加えない施術で効く人はかなり効くとか。)

母に聞くと、私の実の父親もムチウチもちだったようです。親子でムチウチになりたくなかった・・・。どうりで、幼い頃あぐらかいて座っている父親の背中に抱きつきに行ったら、いつも嫌がっておんぶしてくれなかった。首が痛かったんですねぇ。

スポンサードリンク

今のお仕事をコツコツ続けるしかないのか

今している在宅ワークを地道に続けるしかないみたいですね。なんか、今はいいけど親がいつまでもいるわけじゃないしって考えると暗くなってしまいます。

今のお仕事を細々続けていきます。周りに無職だと思われているのが悔しいけど。

悪いことを数えたくないけど数えてしまう時ありますよね。そうならないように、恵まれてること、良い事、未来へ向けての楽しいことを考えるようにしないと。でも、周りや友人と比較して卑屈になったり悔し涙がでたり絶望感、不安感にさいなまれたりしてしまいます。

今のお仕事でどっかんと収入がアップはできないかもしれないけど、辞めてしまわずにがんばろう。唯一お家でできているお仕事だし。

 

台風が徐々に近づいてきています。被害が最小限になるようにお祈りしています。

皆さんも、気をつけてください。

ではまた。

 

お読みいただきありがとうございます。

↓共感や応援クリックしていただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ