小倉ゆうこりんの離婚報道に思う事。

日々思うこと

こんばんは。

ゆうこりんが別居で離婚報道ってめちゃくちゃびっくりしました!

ゆうこりんてかわいくって料理がうまくてスタイルもスリムだし声もかわいいし家事や育児もしっかりこなしつつお仕事していてすごいママだな~なんていつも見ていました。

ゆうこりんのラブリーさが結構好きだったのです。だって、MILK好きな女だしね。

でもゆうこりんて2018年に再婚したばっかりですよね?2人の子供も受け入れてくれる相手はすごい人だなと思っていました。

スポンサーリンク

小倉ゆうこりん離婚なら早くない?

 

この投稿をInstagramで見る

 

小倉優子 ☆ゆうこりん☆(@ogura_yuko_0826)がシェアした投稿

でもあまりにも早くないですか?

結婚して1年ほどで別居してその上子供を妊娠しているのに産まれても会いたくないし、2人の子供の養子縁組も解消してほしいと言っているとか。

えーって感じですね。本当に何があったのゆうこりん?

ゆうこりんが専業主婦になってくれなくて喧嘩したのがきっかけ、って読んだけど本当にそれだけ?

旦那さん何か他にも我慢していたのかなー?初めての結婚でいきなり子供が2人になってストレスとかあったのかな?

ゆうこりんめっちゃかわいいし努力家だと思うんだけど性格合わなかったの?

ゆうこりんが再婚するとき、40代で初婚で医者なんてやばい人だからやめた方がいいのにって言ってる人がいたけどどうなんでしょう?

再婚て難しいね

 

この投稿をInstagramで見る

 

小倉優子 ☆ゆうこりん☆(@ogura_yuko_0826)がシェアした投稿

でも自分の子供を妊娠しているゆうりこんを置いて家を出て行くって相当ですよね。

ゆうこりんが性格悪いからだ、ってニュースも見るけどそうなの?

でもでもお腹の子供は自分の子供だよね。ほったらかしで離婚してその後育てるのって多分ゆうこりんだよね?何だかな~。

でもそれくらい悪く言われても逃げたくなった理由があるのだとしたら怖いかも。

再婚って難しいですよね。やっぱり子供に負担がどうしてもいってしまう。

私の親は再婚したから子供の気持ちしかわからないけどやっぱりめちゃくちゃ大変だったから。

私は結婚したことないけど離婚したらやっぱり心細いし不安だし子供のお父さんが必要って思うから再婚するんだろうな。

ゆうこりん離婚するのかな?関係修復したらいいんだけど・・・。ちょっと絶望的ですよね。

スポンサードリンク

小倉ゆうこりんの料理本持ってるよ

小倉ゆうこりんの離婚報道に思う事。

 

わたし、ゆうこりんの料理本買って持ってるんです。

ゆうこりんがまだ前の旦那さんとラブラブだった頃に出された初めての料理本。長男が生まれたばっかりでした。

かわいくて料理が上手ってすごいなって思ってました。お皿とかもかわいいし家のインテリアもかわいくて憧れてたな~。

小倉ゆうこりんの離婚報道に思う事。

今でもその本見ながら作ったりしてますよ。おすすめは大根と鶏手羽元の煮物!おいしかった。

全部は作ったことないけどまずくはなかったと思う。ぶりの照り焼きもおいしかったよ。

ゆうこりんの料理がまずいってネットの話で見るけどね、私はおいしかったんですよ 🙂

小倉ゆうこりん愛用ハンドクリームも使用中

小倉ゆうこりんの離婚報道に思う事。

小倉ゆうこりんが使っていたハンドクリームも同じメーカーの買ったりして今も使っています。

TOCCAのハンドクリームなんですがとってもいい匂いで寝る前にすこーしだけ手にとってこすり合わせて顔をうずめて深呼吸するんです。本当にいい香りがして穏やかに眠れるんですよ。

少しだけつけるのは結構香りが強めなのとお値段がハンドクリームにしては高いので。

保湿というより香り目的だったので数年もちました(笑)この間ついに無くなってしまってまた買わなきゃな、って思ってるところです。

ゆうこりんとは違う香りを買ったけど本当に良い香りで教えてくれたゆうこりんに感謝してます。

ゆうこりんはお金持ちだから色んなの使ってると思うけど、TOCCAのハンドクリームとボディクリームも使っていたみたいです。

スポンサードリンク

ゆうこりんの今後を見守る

私はゆうこりんの大ファンではないけど好きなのでちょっと悲しいのですが、ゆうこりんの今後も見守ろうかと思います。でももうすぐ産休に入るのかな?

それとも産む直前まで働くのかな?

何はともあれ今は身重だから身体を大事にしてほしいです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

応援クリックしていただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ