親知らずを抜いたら顎関節症になった話

日々思うこと

こんばんは。

今日は親知らずを抜いたら顎関節症になった話をしたいと思います。

この間、歯列矯正の話を書いたのですが部分的に奥歯を矯正したときの話です。

一カ所だけ、まだ生えてない親知らずに歯茎の下で押された奥歯が倒れたまま生えてきていて、それをまともに治す部分矯正を15歳でしました。いつも通っている普通の歯医者がするって言うからしてもらいました。

その時、矯正専門の歯医者でしたほうが良いんじゃない?って親に一応言ったんですが、それを直接その歯医者に言っちゃって。なんかうちの歯医者を信用してない、みたいに見られた気がして気まずかったです。

スポンサーリンク

矯正専門の歯医者に行っておけば良かった

で、歯医者の受付の人にも「どうしますか?」って聞かれて、一度は家に帰って考える時間はくれたと思いますが今みたいにインターネットも無いし、後日親が矯正専門歯科を調べたり、問い合わせることもしてくれなくてモヤモヤしたままどうすることもできなくて結局そのまま「ここでします」、って言ってスタートしました。

私も知り合いに誰も矯正している人もいなくて相談できなかったし、親もそういう知識ゼロだったし。でもなんとなく矯正は専門の所に行った方がいいんでは?と15歳ながらに思ったんですよね。

もし15歳で矯正歯科に行っていたら、まだ骨の成長途中だから顎拡大とかしてくれて口元出っ歯にならなかったような気がする、もしくはちゃんと抜歯矯正してくれて若いうちに綺麗な口元になれたのではないかと思って仕方無い。

スポンサードリンク

親知らず抜歯手術はかなり辛かった

部分矯正の前に、歯茎を切ってまだ生えてない親知らずを割って取り出す手術。この手術が本当に痛くて痛くてつらかった。麻酔何本も打ってもすぐ痛んできて、おまけに歯を割るのに力入れられたり1時間以上口を開けていたりでマジで拷問かと思いました。

歯を器具で挟んで先生が力を入れてねじるとバキッと音がするんですが、これを何回もされる。しかし、思ったより歯がなかなか割れなかったみたいで先生もアレ?アレ?ってずっと言っていた。

だから何回も何回も力入れてバキバキされて、顎も痛いしもう早く終わってくれ~!と思うばかり。麻酔注射も何本も打たれて、あれも痛いし。

スポンサードリンク

抜歯手術で顎関節症になった

結果、この手術のせいで顎関節症になりなぜか今でもレントゲンをとると残った親知らずの破片が埋まっているらしいです。(今は別の歯医者です)長い時間口を無理矢理開けられていたこと、プラス奥に横になって埋まっている親知らずを、器具で割りながら少しずつ抜くという作業は想像以上に困難だったようで、顎関節に負担になったのだと思います。

そこの歯医者の先生は、県内で普通の歯医者としては結構有名な先生だったので腕に自信があったのだと思います。でも、親知らずの難しい抜歯は普通は大学病院の口腔外科でするそうですね?慣れているから埋まっている難しい親知らずでも素早く綺麗に抜いてくれるんだとか。

親知らず抜歯は大学病院がいいらしい

親知らずの難しい手術は大学病院が上手いらしいので、もし抜く人は覚えておくといいかも。顎関節症は今でもあるので口が開けづらいしパキパキいいますよ。でも、なった頃は毎日顎が痛いし何もしゃべったり口動かしてないのにずっと顎からパキパキ音がなってるんですよ。本当に不思議。もちろん寝てる間もずっと顎の中でコンコンコンコン、パキパキパキパキ勝手に音が鳴るんです。で、口を開けるときにもバキッて言ったりもちろん大きな口を開けるのはつらいですし、今でも歯医者がつらい。

 

顎関節症になったことは、親に多分言ったような気はするけど仕事で忙しかったりでほったらかしだし、私もなんだか不自由になったな~と思いながら耐えていました。高校に上がる前の春休みに手術したのですが入学式でも多少顔が腫れてたと思います。

あ、それに親知らずの手術した翌日には引越しで重労働したりして、あり得ないですね。今考えると私も親も親知らず抜歯手術の翌日に引越しの予定を入れる辺りが舐めてたんですかね?血が止まるように、ガーゼを噛みしめてたんですが血も止まらないし夜も眠れないくらいずっと痛いし引越し当日辛かったことだけは覚えています。2針くらい縫っていたから後日抜糸に行きました。

もう本当にこの親知らず抜歯手術はトラウマです。同じような症例の人で、大学病院ですんなり抜いてもらって思ったより楽だった~とか言ってる人いたら嫉妬でグギギ…ってなる自信があります。顎関節症はなった頃よりはだいぶ良くなりましたが、何年も謎の違和感や音とお付き合いしました。

歯医者で顎関節症にされるとは思いませんよね。

スポンサードリンク

抜歯の影響か?左右で顔の大きさが違う

右下の親知らずはその10年後、25歳くらいでやっと生えてきてまだ同じ歯医者に通っていたので先生が抜きましょうってことで生えてから抜きました。それは生えていたので結構楽に抜けましたよ。左下が壮絶だったのでそう思うのかな?下側なので根は深かったとは思うけど、左下の手術に比べたらどうってことない!

抜いた翌日にパンパンに腫れた顔で仕事に行きました。マスクもしない頃だからそのままの顔で行って、会社のおばちゃん達に色々聞かれました。今なら多分休みますね、20代はブラック企業に変に服従していたのです。

で、今でも顔の左半分が右半分より細いんです。これって多分親知らずを右より10年も早く抜いてしまったから左右で骨格の成長に違いが出たのではないか?と推測しています。親知らずを抜くと小顔になると言われていますし、実際私の顔が左右でえらい違うのでそうかなあと。

元々、左の顎が細めだったから親知らずが奥で寝てたんだろうけど成長途中で抜いたもんだから明らかに左の顔が細いです。なんだかな~こんなバランスになったのもなんだかな~。

矯正した歯の現在

で、今その矯正した奥歯は多少後戻りしています。やっぱり右より左の顎が細いみたいだし、少し倒れてきてるのでかみ合わせ的にどうなってるのか謎ですね。

あと、矯正器具をつけていたせいかその歯が大きな虫歯になりました。今なら矯正時の歯磨きの方法とか習うと思うし、Youtube動画で見れるけど本当に知識ゼロだったから普通の歯ブラシでしか磨いてなかったり、歯磨き粉使用禁止の歯医者だったからより一層虫歯になった可能性があります。歯医者でも何も指導無かったな。

あと、高校って弁当のあと歯磨きしなかったですね。中学まではしてたけど高校では誰もしてなくって。それもダメだったろうな~、矯正器具にめちゃくちゃ食べかす挟まってたのは覚えてます。

結論:親知らず抜歯は大学病院へ、矯正は専門歯科へ

私の後悔はこの二つ!

親知らずの抜歯は大学病院か口腔外科へ、歯列矯正は専門歯科へ。

顎関節症はもしかしたらどこに行ってもなったかもしれませんが、やっぱり後悔しています。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

応援クリックしていただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ