潰瘍性大腸炎の大腸内視鏡の頻度について

潰瘍性大腸炎の話

こんにちは。

私のブログはワードプレスというブログ用のひな形みたいなので書いているんですが、たまに私のタイピング速度に変換が全くついてこなくてイラッとすることがあります。

私が早いのではなくて、ワードプレスの反応が遅すぎるんだと思います。もしかしたらパソコンのせいかもしんないけど…。

スポンサーリンク

内視鏡検査の頻度って?

私は現在潰瘍性大腸炎で通院しております。しかし、軽症の中に今の所入っているのかお薬は無しで通っております。大腸の内視鏡検査も2年おき位の頻度で検査して毎年はしていません。実は、数年前は大学病院に通院していましたが、そこではなんと5年間も内視鏡検査していませんでした。

普通は毎年受ける人が多いかと思いますが、私みたいな人もいるってことで。だから、頻度的には毎年か2年おき位が1番多いかと思います。

初めてうけた内視鏡検査が鎮静剤無しの激痛で失神寸前になったので、トラウマ過ぎて担当医にいつもしたくないとわがままを言っていたという。多分、死にもの狂いで痛みに耐えていたのでいけると思われて鎮静剤しますか?と言われなかったんだろうと今は思っています。

このとき、終わった後多分血圧が下がったのかあまりに身体がつらくて、待合のベンチで一人で横になってから帰りました。帰りも自分で運転でしたが(結構遠いのに)自分で自分が怖かったくらい意識朦朧として危なかったです。

今の病院は内視鏡検査の日は絶対運転は禁止、って言われています。10年前って緩かったのかな?

スポンサードリンク

微熱が通常運転

そんな感じで内視鏡嫌いになってしまったのと、それでもギリギリなんとか特定疾患認定は毎年とおってたんですよね。多分普段の下痢の回数や体温、貧血度合いなど考慮されてだとは思います。

潰瘍性大腸炎になるずっと前から、いつの間にか平熱が36.9~37.2度くらいあって常に微熱状態だったので、それが普通になっていたんですがこれって炎症状態が強かったからだったのかな~?今は36度半ばに下がりました。

毎年インフルの予防接種受けるのに微熱があるからギリギリ状態で打ってました。自覚が無いのに会社帰りに病院寄って計ったら37.0とか何回かあってギョッとしたことがありました。

で、今年はついに大腸内視鏡検査を受ける年なんですよね。とても嫌ですね。

2018年に受けたときは鎮静剤無しでやってみたら痛すぎて進まず、途中で鎮静剤打ってもらいました。麻酔と鎮静剤の違いがよくわかりませんが、胃カメラとか大腸カメラとか苦しい検査はこの世から消えてほしいです。

スポンサードリンク

内視鏡検査はもっと楽にならないのか

こんなに医療が発達してるのに、いまだに原始的にカメラつっこんで見るとか…拷問ですよね。できたら全身麻酔で寝てる間に全部終わって欲しい。

あ、大腸検査って鎮静剤打ってもカメラが腸内を移動する感触はわかるじゃないですか。特に曲がり角、あそこで圧迫感を感じて腸が穴あきそうに感じていつも力入れてしまいます。

稀に何もしなくても内視鏡検査平気な人もいるけど、私は強い痛みが生じるタイプなので毎回鎮静剤をお願いしようと思います。

いつもお読みいただきありがとうございます。

↓ランキング参加中です。

応援クリックしていただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ